前へ
次へ

教師になるきっかけを作ってくれた家庭教師

高校生の時から勉強を教えることが好きで、兄弟に勉強を教えてあげていました。
大学に進学して何の目的意識もなくダラダラと暮らしていましたが、大学の掲示板で家庭教師の募集があることを知り、応募してみることにしました。
担当することになったのは中学2年の女の子で、進学校へ行きたいと考えている子でした。
ただ、数学の成績が伸び悩んでいたので、そこをなんとかしてほしいと家庭教師を付けたのです。
数学はとにかく演習が重要なので、数学が苦手に感じている子に対しては、テストの本番さながらに問題を解くことになれさせるようにしました。
そうしたところ、問題を解くことに抵抗を感じること無く、日頃といている問題をテスト本番でもスラスラ解けるまでになりました。
家庭教師のアルバイトを通じて、子供の成長の目覚しさや素晴らしさに気づき、教育免許の取得を決意しました。
今では夢がかなって高校で数学を教えるようになり、家庭教師のアルバイトが人生を変えてくれたのです。

Page Top